トップページ > 禿げる(ハゲる)とは で検索結果

高い効果を発揮する成長因子とは・・・ ?

眠っていた「毛乳頭」の活動を成長因子で力強く目覚めさせる !

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで育成されますが、細胞分裂を行うためには毛細血管から栄養素、酸素を受け取り毛母細胞へ送る役目と、毛母細胞の増殖を抑制する「毛乳頭」からの信号=命令が必要となります。
つまり、ハゲ、薄毛は「毛乳頭」が正しく細胞に命令を伝達していない状況が引き起こしていると言うことができます。「毛乳頭」を正常に働かせるために必要なのが、ハーグ療法(HARG療法)で使われる「成長因子」です。

ハーグ療法(HARG療法)で使われる「成長因子」は、脂肪細胞から培養された脂肪幹細胞からタンパク質だけを抽出したものを使用します。このタンパク質の中には、毛髪の再生に関与する膨大なヒト成長因子が含まれています。これを細胞に直接注入することで、「毛乳頭」が各細胞へ活発な命令を与えるだけでなく、毛細血管やコラーゲンが増長するといった周囲の環境も向上し、育毛再生へと力強く促すことが可能なのです。
またハーグ療法(HARG療法)で使用する「成長因子」は、フィルターレーションによるすべてのウイルスを除去し、ガンマー滅菌により滅菌され、アメリカのCTFAにより安全性は承認されています。

禿げる原因と毛髪が作られる過程とは ?

ヘアサイクルを正常に戻しうぶ毛をしっかりとした「硬毛」へ蘇らせる。

禿げる(ハゲる)原因は、遺伝的や男性ホルモンによるものが多いとされていますが、ストレス、睡眠不足、栄養不足、アルコールの摂取やタバコを飲むといった生活習慣、間違ったヘアケアも要因として挙げられます。
例えばタバコはタバコに含まれているニコチンが毛細血管を収縮させてしまうので、育毛に必要な栄養素を行きにくくします。日々のヘアケアに関しても、髪の毛に良くないカラーリング、パーマ液はもちろん、合成界面活性剤(浸透性があり、分解せず体内に蓄積する特性がある)が入ったシャンプーの使用は、若ハゲ、薄毛の原因になります。

毛髪には、毛球が大きくなり毛幹も大きくなりながら、うぶ毛、軟毛から硬毛(普段見ている毛髪)へと成長する成長期、寿命がきて毛球部から硬くなり始める退行期、毛球は完全に角化する休止期、脱毛時期(同時に次の新しい発毛が始まる)というヘアサイクル(毛周期)があります。
成長した髪の毛は、通常、約3~6年のサイクルで入れ替わっていくため、髪の毛が減ることはありません。しかしうぶ毛や軟毛が「硬毛」に成長しないうちに、退行期へ入ってしまうと、ヘアサイクルが短くなり薄毛が進行していきます。やがて髪の毛はだんだんと細くなり、禿げて(はげて)いきます。

ハーグ療法(HARG療法)は、ヘアサイクルを正常に戻し、毛根が皮下組織にまでしっかりと達した、硬毛を育むための治療法なのです。

登録カテゴリー: ヘアサイクル

タグ・クラウド:,,