トップページ > ヘアサイクル で検索結果

早め、早めの治療が理想です。

うぶ毛がある、脱毛期間が短いなど早め、早めの治療が理想です。
個々の頭皮の状態により効果が出る期間は異なります。

成人で1日に0.35ミリ~0.4ミリ、1ヶ月30日で計算すると1.05ミリ~1.2ミリ伸びます。
ハーグ療法(HARG療法)を行うと、毛乳頭付近から、毛包組織の中に毛髪が再生してきます。毛乳頭から頭皮表面の毛穴まで約3~5ミリあるので、毛穴に毛髪が到達するまでおよそ2週間を要します。そこからヘアサイクルにそって、うぶ毛から軟毛へと成長していきます。

あくまで目安ですが、生えた効果を感じられるのは、3回目の施術から4回目の施術前辺りになる傾向が多く見られます。
長い休止期間、脱毛時期から早期成長期に促すには個人差がありますので、2回目で効果を感じるかた、6回の施術を終えた後、効果を感じられるかたなど個々の状態によって、効果の出る時期はさまざまです。

毛髪が再生した後は、毛髪が失われた原因にもよりますが、治療中は1ヶ月おきに、最短で2~3ヶ月おきにフォロー注入します。毛髪のヘアサイクルが安定したかたは施術終了です。ただし男性型脱毛症などといった症状によっては、定期的な検診とフォロー注入で安定したヘアサイクルの構築を目指します。

毛髪が無くなって長い期間が経つかたは再生が難しい場合もありますが、うぶ毛がある、脱毛してからの期間が短いなど、効果を発揮するには早め、早めの治療が理想的です。

登録カテゴリー: 効果の期間

タグ・クラウド:

禿げる原因と毛髪が作られる過程とは ?

ヘアサイクルを正常に戻しうぶ毛をしっかりとした「硬毛」へ蘇らせる。

禿げる(ハゲる)原因は、遺伝的や男性ホルモンによるものが多いとされていますが、ストレス、睡眠不足、栄養不足、アルコールの摂取やタバコを飲むといった生活習慣、間違ったヘアケアも要因として挙げられます。
例えばタバコはタバコに含まれているニコチンが毛細血管を収縮させてしまうので、育毛に必要な栄養素を行きにくくします。日々のヘアケアに関しても、髪の毛に良くないカラーリング、パーマ液はもちろん、合成界面活性剤(浸透性があり、分解せず体内に蓄積する特性がある)が入ったシャンプーの使用は、若ハゲ、薄毛の原因になります。

毛髪には、毛球が大きくなり毛幹も大きくなりながら、うぶ毛、軟毛から硬毛(普段見ている毛髪)へと成長する成長期、寿命がきて毛球部から硬くなり始める退行期、毛球は完全に角化する休止期、脱毛時期(同時に次の新しい発毛が始まる)というヘアサイクル(毛周期)があります。
成長した髪の毛は、通常、約3~6年のサイクルで入れ替わっていくため、髪の毛が減ることはありません。しかしうぶ毛や軟毛が「硬毛」に成長しないうちに、退行期へ入ってしまうと、ヘアサイクルが短くなり薄毛が進行していきます。やがて髪の毛はだんだんと細くなり、禿げて(はげて)いきます。

ハーグ療法(HARG療法)は、ヘアサイクルを正常に戻し、毛根が皮下組織にまでしっかりと達した、硬毛を育むための治療法なのです。

登録カテゴリー: ヘアサイクル

タグ・クラウド:,,